記事元:リア充からされて嬉しかったこと
https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1296822887/

249 名前:彼氏いない歴774年投稿日:2011/05/04(水) 18:55:51.93 ID:kxYp+DQm
高校最後の文化祭、私のクラスはお菓子を作って販売することになった

私はお菓子を作る係に回されたが、高校ではずっとぼっちだったんで
みんなとどう話せばいいのか、何をすればいいのかわからずとても不安だった

文化祭当日、慌ただしそうに準備しているクラスの仲間を見て
「私も何かやらなきゃ…」とは感じたが、(私が行ったら逆に迷惑にならないか、
気持ち悪がられたりしないか)と考え始めたらどんどん怖くなって、その場で
立ちすくんでしまった



様子がおかしい私を見て一人のリア充がやってきた

リ「喪さんどうしたの?何かあったの?」

いえ何でもないです人と話すのが怖いだけです
ブスですいません気を使わせてすいませんすいません

…と心の中で叫び続けることしかできず
私は無言で泣きだしてしまった 私超キメエ

するとリア充は

リ「だ、大丈夫!?このハンカチ使っていいよ」

とハンカチを渡してくれた

そんな悪いよ大丈夫だよと最初は拒否したけれど、
リア充の押しに負けて有り難く使わせてもらった

じゃあ後で洗って返すねとも言ったけれど

リ「いやいや、洗うの面倒くさいでしょ?そんなの気にしないでいいよ」

と濡れたハンカチを持っていってしまった

さらにリア充は

リ「はいこれみんなで作ってたお菓子だよ!食べたら元気になれるよ!」

と売り物のお菓子まで持ってきてくれた

な、なんでリア充ってここまで優しいんだ…神すぎて泣いた

リア充に励まされた後、私はなんとかキョドりながら係の仕事を
成し遂げることができた

誰にでも優しいリア充まじすげえよ…リア充の中の超リア充だ