記事元:何を書いても構いませんので@生活板107
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1622468797/571

571名無しさん@おーぷんsage21/06/13(日)08:31:34ID:HJ.1y.L1
取り留めのない思い出話

昔住んでた所は南の方の離島でそこの小さな漁港の近くに家があって
よく船着場の側を散歩がてら散策してたりしてたんだけど
南の島だから海も港付近でも澄んでて綺麗で熱帯魚とか図鑑でしか見た事
ないような珍しい生き物とかいっぱいで越してきたばかりの頃は新鮮で
歩くだけで楽しかった

その島はウミガメの群生地で外敵が居なくて餌が豊富にあるその港は
アオウミガメが特に多く生息しててテレビでしか動いてるの見たことない
ウミガメ最初見た時のテンションはやばかったわ


早朝出勤で港のそば通った時明け方薄暗い中タライサイズのウミガメが
ぬーっと海中から出てきた時は腰抜けそうなくらいびっくりしたけど
洗面器くらいの大きさのウミガメが海中に生えてる海藻を手足バタバタ
させながら一生懸命食べてる姿は可愛かった

一度息継ぎするために海中からウミガメが首を出してるの見たことあるけど
その時プハッとか言ってて

ああ、ウミガメでも息継ぎする時プハッっていうんだなあ

と変な親近感を持ったわ

今は引っ越して内地に戻ってるけど向こうの思い出と言われると
真っ先にこのウミガメたちを思い出す