記事元:何を書いても構いませんので@生活板108
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1624181458/439

439 名無しさん@おーぷん sage 21/07/01(木)08:13:09 ID:2p.qr.L1
「理科なんて日常生活に何の意味があるの」と勉強を目の敵にしてる人が
いるけど、つか息子のクラスメイトと親のことだけど、妻を見てると勉強って
一個人の私生活でさえ何だかんだ役に立つんだなと思う。

例えば掃除で、

「カビはタンパク質を破壊すれば増えない。60度のお湯をかければいい」

と洗剤をほぼ使わずにお風呂場をキレイに保ったり、洗濯では汚れの種類で
油を落とす洗剤とタンパク質を落とす洗剤とをあわせて使ったり、
あと家庭菜園では植物の様子を見て

「葉の色が全体的に黄色いのは何たらかんたらが原因だから窒素肥料が足りない」

とか

「土がやや酸性に傾いてるから学校でチョークの粉もらってきた
 (原料:ホタテの貝殻)」

とか


ダンボール箱に土と生ゴミ入れて肥料自作したりとか、肥料混ぜる割合や
発酵期間を細かく計算したりとか

妻曰くこれら全部「基本は学校で学んでるでしょ?」とのことらしい。

どんな土壌と気候でどんな植物が育つかは社会の地理と歴史でやったじゃんとも
言われた。例えば薩摩藩がなぜさつまいもを植えたかとか。
確かに言われてみれば。

よく料理は科学だというが、食材を育てるところからして科学必須だったわ。

現代人が科学を学ばず無人島みたいな科学の力が及んでないところに
一人で放り出されたら、水は勿論野菜すら育てられずに終わるんだろうな。

科学を学ばなくても生きていけると言ってる人は、誰かが科学を懸命に学んで
生み出されたものに守られて生きてるって解ってて言ってるんだろうか。
よく悪い意味で使われる土方の仕事だって科学の知識が詰め込まれてるのに。

去年息子が夏休みの自由研究でお掃除知識をまとめたが担任の評価が

「家のお手伝い出来て偉いね、でもこれは研究じゃないね」

で、妻がブチ切れてた。

担任がそんな感じだから保護者もその子供も理科なんて勉強しなくて
いいじゃんって思考になるのかねぇ。

数年前の猛暑のときはアサガオの観察が宿題だったけど、猛暑すぎて
根腐れして枯れたので家庭菜園のメロンの観察日記にさせたが
その時も同じ担任だったが、イレギュラーなことするなと遠回しに
言われたらしい。

なんだかなー。



442 名無しさん@おーぷん sage 21/07/01(木)08:53:22 ID:iU.p4.L1
>>439
家事って結構化学だよね。
掃除も洗濯も料理も。
その担任は担当科目や、家事をやったことがあるのかとか気になってしまった。



443 名無しさん@おーぷん sage 21/07/01(木)08:55:51 ID:EE.bl.L1
>>439
良い奥さんで、良いお母さんですね
貴方も良い旦那さんで、良いお父さんです
そういう良い両親だからお子さんも、生活の中にある科学的な物事を
発見出来たのだと思います

これからも御家族仲良く幸せに
担任教師の人ももう少し視野を広げられると良いのにな



445 名無しさん@おーぷん sage 21/07/01(木)10:44:17 ID:v5.ql.L1
>>439
最近の小学校って低学年は理科と社会を合わせて「生活」って
授業になってるんだってね

確かに日常生活の中から理科社会の勉強の取っ掛かりはたくさんあって
これは良い改変!って思ってたのにいまだにやっぱりそんな先生がいるんだ。。。



446 名無しさん@おーぷん sage 21/07/01(木)10:50:10 ID:nb.1v.L1
>>439
その先生にしてみれば自由研究と家の手伝いを一緒にしてはいけないって
思考停止だったんじゃないか

身の回りのとこ全てが理科、科学に通じるのにね