記事元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1670305262/

1首都圏の虎★12/06(火)14:41:02.27ID:9zJQ+viG





2新種のホケモン◆OxPDT5td.A12/06(火)14:43:17.84ID:Buh2IT6Q
中国人いいね(*´∀`*)



5(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)14:45:07.82ID:XWFdFHG2
中国は良いサッカーファンがいるなぁ


7新種のホケモン◆OxPDT5td.A12/06(火)14:46:00.11ID:Buh2IT6Q
>>5
スポーツを愛するものは普通はこうであるべきだよね
(*´∀`*)



8(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)14:46:21.11ID:XNsshF6f
さすが父さんやで



12新種のホケモン◆OxPDT5td.A12/06(火)14:49:06.96ID:Buh2IT6Q
>>8
まぁ中国を父さん扱いすることにはそんな文句はないかな
漢字を発明したことはほんと尊敬してるし
(*´∀`*)



18(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)14:54:08.43ID:djD4Owc3
>>12
漢字、これが日本の基礎で有る事は間違いないね。
音訓読み、大発明だよ。



22新種のホケモン◆OxPDT5td.A12/06(火)14:59:20.45ID:Buh2IT6Q
>>18
悪いのは中国共産党であって、中国自体は嫌いじゃないんだよなぁ

三国志とかめちゃくちゃおもろいしw
日本が魔改造したとはいえ中華料理も好きだしw
(*´∀`*)



62(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:32:24.49ID:6ZgqtPCc
>>12
漢字発明したのは今の中国人の先祖じゃないぞ



63新種のホケモン◆OxPDT5td.A12/06(火)15:33:38.97ID:Buh2IT6Q
>>62
漢民族ちゃうの?
(´・ω・`)



10(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)14:48:38.62ID:XLtOWzbo
中国の人と金に物を言わせた英才教育すれば卓球や体操みたいに
世界トップになれるはずなのになんで野球やサッカーはいつまでも
弱いままなんだろう



29(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:03:02.33ID:2WqeEzuD
>>10
卓球の育成で有望選手の練習相手としてしか
役割与えられてない女の子がインタビューされてんの見たことある。

その有望選手のライバル役に似せたグリップの握りまで真似て
完全にバッティングピッチャー以下の扱いで可哀想だった。

でもその子はこれが私の使命ですみたいなこと言ってて
なんかえげつないもんを感じたもんさ。



30(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:03:27.59ID:eebRguIl
>>10
個人競技じゃないからじゃないか?

他に理由らしい理由ないだろ(卓球はダブルスや団体戦あるけど)



109(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)16:27:49.47ID:1Nf3GTfQ
>>10
チームプレイの団体競技は一朝一夕じゃ強くならんよ
野球みたいに文化に根付くかサッカーみたいにユースチームとかで
社会全体から醸成していかないと



38(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:08:56.92ID:xyLi/ENR
中国もW杯で変わりかけてたな。
頑張って中国共産党を倒して自由を勝ち取れ



39(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:09:12.66ID:/nXZ6iDI
そんなに言ってくれんのかよ
わかんねーもんだな



40(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:09:57.97ID:nUCnU7V/
14億人の総意なんて分からんわ
中国のスポーツバーではドイツが得点したとき大盛り上がりだったぞ



44(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:13:41.98ID:mD2UGs+I
中国はサッカーに関してはいつも謙虚だし真っ当な見方をしている。
なので自国が弱いことも認めている



45(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)15:14:09.97ID:pPZvJCEK
なんだか中国人すごいな。
もし中国がドイツとスペインに勝って決勝トーナメントに出たとしても
日本人はこんなに中国をほめないだろう?



114(´・ω・`)(`ハ´ )さん12/06(火)16:58:40.80ID:1+L0MRCV
>>45
良い試合だったら褒めるだろ



33地域の暮らしと文化が丸わかり! 中国大陸大全

ふしぎな中国 (講談社現代新書)

 
コメント( 0 )