記事元:三国志の話がしたい
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1660227925/

1名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:25:25ID:eLra
と言っても群雄割拠時代くらいしか語れん



3名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:26:00ID:xAQh
楽進すこ



7名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:27:04ID:eLra
>>3
もともと文官なのええよな


25名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:31:15ID:xAQh
>>7
曹操配下の文官といえば丁斐もすこ

悪さしかしないのに曹操から赦される人



30名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:33:04ID:eLra
>>25
曹操は法に厳しいくせに縁故には甘々なんよな



4名無しさん@おーぷんsage22/08/11(木)23:26:00ID:LXnd
武安国について語ろうぜ



12名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:28:14ID:eLra
>>4
なぜか呂布と戦って生き残ってる人だっけ
コーエー三国志の孔融配下の唯一武官って印象しかない



21名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:29:44ID:LXnd
>>12
片腕切り落とされてるから逃げ延びたけど生きてないやろーなー



10名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:28:08ID:DPAB
演義で司馬懿に手柄横取りされてる魏の武将可哀想
張郃とか



13名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:28:32ID:eLra
>>10
曹真とかもやな



17名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:28:58ID:1lF6
>>13
演義だと孔明にボコられる雑魚扱いやもんな



22名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:30:20ID:eLra
>>17
対等とは言わんまでも渡り合ってるのであの扱いはかわいそう
味方の司馬懿にもだいぶ食われてるし



20名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:29:40ID:DPAB
魏延は悪く書かれすぎやわ



24名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:30:56ID:eLra
>>20
まあ正史からしてアレなので...



23名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:30:27ID:yBi2
王允が董卓残党許してれば中国史も今と結構変わってたんかな



27名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:31:37ID:eLra
>>23
王允には扱え無さそう
結局正史世界線に収斂するんや



26名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:31:33ID:22iW
最後まで孔明が格を落とさずに有能であり続けたのは良かったけど
他の奴らは空回りしすぎて見てられんわ



36名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:35:39ID:eLra
>>26
諸葛亮が死ぬとほんまに物語の軸が消えて読みにくくなるとなぁ



111名無しさん@おーぷん22/08/12(金)00:13:55ID:32ms
>>36
むしろ司馬炎即位から八王の乱を経て五胡十六国への流れこそ本流やろ



113名無しさん@おーぷん22/08/12(金)00:14:12ID:fy3O
>>111
演義の話や



28名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:32:22ID:LXnd
武将ですらなくなった禰衡



31名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:33:20ID:eLra
>>28
もともと武将か..?



37名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:35:47ID:LXnd
>>31
司馬徽や許子将と同じ枠にいったわね



38名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:36:07ID:eLra
>>37
最初からその枠やろ禰衡



64名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:55:02ID:LXnd
>>38
ちゃうよ、最初は文官扱いやったよ



73名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:59:32ID:eLra
>>64
ワイはコーエー三国志とかの話をしてるつもりやったんやけど
よしんば正史でも司馬徽や許劭みたいな人物批評家やし同類やん?



85名無しさん@おーぷん22/08/12(金)00:05:04ID:AUyQ
>>73
コーエーの話よ?
4や5のあたりは武将キャラやん



99名無しさん@おーぷん22/08/12(金)00:09:58ID:fy3O
>>85
あれ5で武将だったっけ
お邪魔キャラだと思い込んでたわすまんな



29名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:32:34ID:DPAB
孫権とかいう老害



32名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:33:49ID:eLra
>>29
中期までは紛れもなく名君だし...



33名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:34:27ID:DPAB
>>32
落差が激しすぎるよ...



34名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:34:36ID:hsuE
伏竜鳳雛どちらかでも得れば天下を取れると言われていたのに
どっちも得て滅びた国があるらしい



35名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:35:00ID:1lF6
>>34
酔狂先生とかいう野郎の言うことや



40名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:36:51ID:eLra
>>34
この人諸葛亮進めて置いて
「諸葛亮は時宜を得ていない。悲しいなぁ」みたいなこというカスだから...



62名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:51:55ID:Fukh
>>34
??「あいつは褒めてばっかで物事が見えてない」



39名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:36:45ID:1lF6
羅貫中「うーん最後の方盛り上がりに欠けるな、カットでええか」



41名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:37:57ID:eLra
>>39
吉川英治「諸葛亮死後は描く価値なし!w」



42名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:39:10ID:1lF6
>>41
前半は曹操、後半は孔明の物語(以降はエピローグ)とはよう言ったもんで



43名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:41:11ID:eLra
>>42
前半は劉備やないのか演義は
曹操って初めて聞いたで



45名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:43:15ID:1lF6
>>43
それこそ吉川英治が言うてたハズやで



47名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:43:28ID:eLra
>>45
あそうなん
知らんかった



44名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:41:35ID:9GMI
三国成立したら後の蜀はだいたい負け戦という
物語としてどうなんだ物語として



46名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:43:18ID:eLra
>>44
悲劇にシフトするからセーフ



71名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:59:03ID:ykJe
>>44
蜀のピークは漢中攻防戦と関羽の北進やからな、あれが成功してたら
マジで曹操は滅んでたかもしれんというロマン



48名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:43:48ID:hsuE
仮に蜀が魏呉を滅ぼしたとしても
後々普みたいな国に滅ぼされたら同じこと
だからあれでいい



49名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:44:00ID:taCI
蜀も魏も呉も負けてて草
ついでに晋もあっという間に終わってて草



50名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:45:32ID:1lF6
晋朝がカスカスだったのが余計に三国志の終盤をつまらなくしてる



56名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:48:28ID:6FzD
人形劇三国志は紳助と相方がオリジナルキャラで出演しとったが
しっかり本編に関わるもしゃばらない塩梅が素晴らしかった



59名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:50:48ID:hsuE
>>56
ワイも三国志オリキャラ妄想することあるけど
時代を観測する人間として史実を動かしたりはしないようにしてる



57名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:48:44ID:1lF6
三国志演義の成立過程って元とか異民族にやられてる時期で
「クッソ漢民族だってすごかったんやぞ」ってコトで
劉備を主役にした説もあったはず



58名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:48:44ID:hsuE
赤壁あたりが一番盛り上がってるよな



60名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:51:13ID:eLra
>>58
三国の三者が一堂に会した戦争やもんな



61名無しさん@おーぷん22/08/11(木)23:51:13ID:JGdM
鼎足三分已成夢、後人憑弔空牢騷

三国志演義のキモというかテーマは最後のこの文に詰まってる
数多の英雄どもの空騒ぎだったって言う無常感と悠久感



正史 三国志 全8巻セット (ちくま学芸文庫)

三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫)